表参道のクリニックで目の二重整形をしたときの体験談

友人お勧めのクリニックで二重にする

家族の中で自分だけ一重で悩み続けた | 友人お勧めのクリニックで二重にする | やって良かった満足な出来栄え

名前を呼ばれて部屋に通されると、友人が言っていた先生が待ち構えていました。
じっくり話しを聞いてくれて、コンプレックスの解消のためにもなかなか取れない切開法をお願いすることにしました。
欲張った二重幅にしたいと言っても笑わずに、真剣に聞いてくれたのは嬉しかったです。
施術当日はノーメイクで、帽子を深に被ってクリニックに行きました。
帽子を被っていれば帰るときにも人目を気にしなくて済んだので、持って行って大正解だと思いました。
麻酔をする前は少し怖かったのですが、手術中は看護師の方が常に話し掛けてくれたのでリラックスしながら挑めたのが良かったです。
また二重になるワクワク感から、変なテンションになっていたと思います。
まぶたを触られる感覚はありましたが、全然気になりません、目を開けなければならない場面もありましたが、意識を他のことに集中していたので大丈夫でした。
施術後は別室に通されて、そこで初めて自分の顔を見ることになります。
正直その時は腫れていて分からなかったのですが、やっと二重になれたことで胸がいっぱいでした。
内出血もしていて凄いことになっていましたが、それを吹き飛ばすくらいの喜びがあったのです。